私達の強み (Our Advantage)


日本国内で30年以上の活動実績で培われた企業システム構築のノウハウ、多民族多言語国家マレーシアならではのコミュニケーション能力、日本国内と変わらぬ品質、それらが、国際化を推進する在外日系企業の皆さまを強力にサポートします。

In addition to system development over 30 years in Japan, our members have versatile communication skill and capability of developing inexpensive systems in the multi-lingual country, Malaysia. Owing to these advantages, we can provide effective system services for Japanese companies that have to save the system development cost or their overseas offices that have to promote the international operations in Southeast Asia.


【システム構築ノウハウ】Know-how on System Development

Chiyoda Software Laboratory (M) Sdn. Bhd.の母体は日本のソフトウェア開発会社です。汎用機とオフコンの時代から、企業の業務システムを開発して来ました。次々と世に出る新しい技術で、システムの開発方法も変わって来てはいますが、基本となる業務知識や、顧客とのコミュニケーション方法は、いつの時代もそんなに違いはありません。そして、それらは、机上の詰め込み式学習では決して得られない貴重な財産です。重要なのは、最先端技術を使用することよりも、何を目的とし、誰が使うシステムなのかを充分理解することです。いくら最新技術で固めたWebサイトを構築しても、コンテンツが無ければ無意味なように、ユーザの求めるニーズにマッチしていないシステムは“問題解決”どころか、ストレスの原因になってしまいます。私達CSLはソフトウェア開発、およびそのアフターケアを通して、ユーザの満足度を高め、より生産的な企業活動を支援するために“生きたシステム”を創ることを信条としています。

Chiyoda Software Laboratory (M) Sdn. Bhd was established in 1998 by a Japanese software company which having experience in developing mainframe or office computer-based business application systems. Nowadays, development techniques are always changing from time to time depending to the trend. However, we shall take into account of customer's needs and propose the most suitable and most efficient solution to customer according to their requirements. On top of that, Customer satisfaction is our goal, we ensure our after-sale support meet out customer's expectations.


【コミュニケーション能力】 Communication Skill

【英語】東南アジアでもビジネス言語は世界共通語としての英語が中心です。しかし、東南アジアの多様な人種の人達が日常で話す英語は実に多彩です。CSLが本拠地とするマレーシアの英語はイギリスの影響下であり、且つ独自の“方言”が混じります。シンガポールにはシンガポールのそれがあり、日本の学校で教わる文法を適用すると“間違い”になる場合が少なからずあります。しかし、なんと言っても英語抜きにしては国際コミュニケーションは成立しません。CSLはビジネス言語としての英語を最も重要視しています。 【中国語】 華人の多いアジア各国では、中国語が広く話されています。ひとくちに中国語といっても北京語、広東語、客家語、福建語等々出身地域によって様々な言語(方言?)を話す人がいます。CSLのローカルメンバーにも中国系マレーシアンが多く幅広い中国語に対応可能です。 【マレー語】 これは、マレーシアが中心となりますが、マレーシア人口の6割を占めるマレー人が話すこの国の標準語です。政府機関等の公式文書はマレー語が強要される為、マレー語の知識に乏しい在マ日系企業にとっては難関です。CSLのローカルメンバーはマレー語の教育も受けおりこれを問題としません。 【日本語】 在東南アジア日系企業が、現地会社と取引する際には日本語はもっとも優先度の高い言語ではないでしょうか、現地駐在の日本人管理職の方がCSLとの打ち合わせの際に 日本語が使用出来ないのであればストレスを感じる方も多いと思います。ご安心ください、我々も日系企業です。

[English] - the most common language using in business. However, many countries in Southeast Asia doesn't speak only English. In multilingual country like Malaysia, the citizen sometimes speaks "Manglish", a version of the English language as spoken in Malaysia, influenced by other language/dialect. Hence, the English learned in Japan may not be same with the Manglish which applied in Malaysia. Anyhow, English is still the worldwide language, CSL attaches importance to English as our business language.
[Chinese] - Chinese is widely spoken in many Southeast Asia countries. Chinese has many dialects (Mandarin, Cantonese, Hakka, Hokkian, and etc) depending on which district they came from. Some of the CSL members are Malaysian Chinese and they can speak in variety of dialect.
[Malay] - the native language of Malaysia. About 60 percent of Malaysia people are Malay. All the official government related document have to be written in Malay. It causes problem to Japanese company who do not understand Malay. CSL provides full support for these companies because most of the CSL member are Malay educated.
[Japanese] - for those Japanese company which based in Southeast Asia country, Japanese language would always be their most favor language for them to communicate or dealing business. CSL owns this advantage as we are also Japanese oriented company.


【日本の品質を海外で】Japan Quality

「細かい要望が、うまくソフト開発業者に伝わらない」、「基本的なことまで全て指示しないと、こちらの要望を満足するシステムが出来ない」、「業者の担当者が転職でコロコロ変わるので、継続性をもったサポートが望めない」、「品質という概念が薄いので、クレームをしても、話がかみ合わない」等々、在外企業でご活躍の皆さまなら、一度はそんな経験をされたことがあると思います。CSLでは、ローカルメンバーと日本のスタッフとの連携で、常にユーザサイドに立った視点で仕様を考え、且つ、在籍年数の長いスタッフが、細部まで気を配ったシステム開発を行っています。

It's common that problem arise among vendor and customer due to miscommunication or misunderstanding. To ensure the customer satisfaction of our service and system. CSL would stand on customer's point of view to design and develop system. We have experienced systems engineers who worked for more than 10 years in Malaysia, and also in Japan to support each other.